セフレとの出会いを募集している女性ってぶっちゃけどんなタイプですか?

出会い系サイトを利用してセフレを募集している人って結構多いと思うんですよ。
いつでもセフレのことばっかり考えているというようなことは無いかもしれないんですが、出会い系サイトを利用して素敵な女性と知り合えるんだったら、別にその相手との付き合いはセフレとしての関係でもいいって考えている人も多いのではないでしょうか。

私も正直、男としてけっこう生々しい願望を持つときがあって、例えば街中ですごく美人の女性を見かけた時に、あの女とセックスしまくりたいなあ見たいなことを考えることがあります。
もちろん、考えるだけで行動には映しませんし、まさか口にも出さないですよ。
そんなこと口に出して言ったら大変なことになるのは分かっていますから。

でも、こういう願望を持つだけだったら自由ですよね。
正直なところ、男女ともにそういう願望を持っている人はたくさんいると思います。
そういう願望を持っている人がいるからこそ、出会い系サイトを利用している人がこれだけ多いということなのだと思います。
自分がセフレとの出会いを求めているんだったら、同じように、出会い系サイトを利用して知り合う相手もセフレを募集している人だったらいいのに、とか思うわけですが、残念ながらこればっかりはうまくいかないことも多いです。

出会い系サイトを利用している人はすごく多いので、出会いのチャンスだけを見れば本当に十分すぎるほどあるのですが、自分と同じ種類の出会いを求めている相手でなければ、知り合うだけでミスマッチに終わってしまいます。
出会いを求めている以上、知り合った相手とミスマッチになるということははっきり言って避けられないことなので、自分にとってある程度勉強になるというか、いい経験になることは絶対に間違いないのですが、だからといって、出会い系サイトを利用していてミスマッチばかりだとさすがに嫌になってきますよね。
特に男性会員の場合は、出会い系サイトを利用しているだけでお金がかかるという状態が普通ですし。

セフレとの出会いを求めている男性なら、いったいどういう女性がセフレとの出会いを求めているのかということが知りたいという人も多いのではないでしょうか。
出会い系サイトを利用している以上、どのような出会いを求めているかについては完全に利用者の自由です。
未成年者ならともかく、お金を払って優良な出会い系サイトを利用しているならなおさら、出会い系サイトを利用する目的というものは個人の自由になるはずですから、別にセフレとの出会いを求めたっていいのです。

世間的に見れば、セフレという特殊な人間関係は、ひょっとするとあまりほめられたものではないのかもしれません。
だからこそ、はっきりと口に出して「俺はセフレがほしい」みたいなことを口に出していう人が少ないのです。
合コンなどで知り合った相手と、最終的にセフレのような関係になるという可能性がゼロだとは言いません。
私の知り合いにも実際、婚活パーティーで知り合った相手と、最終的にはセフレのような関係になっているという人がいます。
でもそれはごく一部の例外です。
そもそも、婚活パーティーに参加したということは、その友人はある程度「結婚を前提としたお付き合いができる相手」との出会いを望んでいたはずですが、結局そこで知り合った相手とセフレのような関係になっているということは、出会いの目的が果たせなかったということだと私は思うのです。

話が少しそれましたが、普通、セフレとの出会いを求めたいと思った人が集まってくるのは、やっぱり出会い系サイトが主流みたいですね。
よく言われることですが、合コンに参加するのもよい方法ですが、やっぱり参加者が限られているので、自分にとっての出会いの候補者の数も限られてくるということで、セフレをゲットするチャンスも当然少なくなるということになります。
だからセフレ狙いの人はたいてい出会い系サイトを利用したいと考えるみたいです。
実際私もそうでした。

どういう女性がセフレとの出会いを望んでいるのかわからないという苦労はありました。
例えば掲示板上で、セフレとの出会いを望んでいるという趣旨のコメントを書いている女性見かけても、それが本気であるかどうかなんてわからなかったですし、たいていの場合、女性が自分からセフレとの出会いを望んでいるということをアピールすることは無いので、このメッセージがサクラによる詐欺の手口であるというパターンは非常に多いんですよ。

それがわかっているからこそ、私はセフレとの出会いを望んでいますという女性の書き込みを見つけても、どうしても警戒してしまうわけですよね。
もちろん警戒するのは良いことなのですが、実際にそういうコメントを書き込んだ人の素性を確かめようとしてもよく分からないか、正体がサクラだったと分かるケースが良くありました。
相手の正体を確かめるだけだったら、特に自分にとって被害もないので別にいいんですが、確かめた結果やっぱり空振りだったということがわかると、十分に覚悟していてもへこみます。
それまでにメールのやり取りをしまくっていて、サイトに料金を支払っているというパターンも多いですし。

私がいろいろ苦労してきた結果、出会い系サイトを利用しながらせふれとの出会いを望んでいる女性は、圧倒的に人妻か、あるいは結婚した経験のある熟女というパターンが多いことがわかりました。
すべての人がそうだというわけではないのですが、やっぱり結婚を経験して、なおかつその後に離婚するということになると、なんとなく人生を悟ってしまうのでしょうか、夢を見がちな若い女性は多いですが、年を取るとそういう傾向がだんだんと無くなるみたいです。

そして、一度結婚を経験してしまうと、男性に対してあまり高い理想を持たなくなる代わりに、性欲は強くなる傾向にあるという女性の噂をよく聞きますね。
私は男なのでこういう噂に関しては正直なところよくわからない部分もあるのですが、でも、元々若い女性って多くの人が「自分の処女は結婚相手にささげたい」と考えているものなので、それを実現するために、若いころから性欲というものを抑え込んでいるケースが多いんですよ。

一度でも結婚すると、いわば結婚相手に対してなら、それまでのように性欲を抑える必要はないわけです。
もちろん、自分がそれほど乗り気ではないときに、まるでお付き合いのように無理やりセックスしなければならないのが苦痛であるとか、それぞれの夫婦ごとにいろいろと問題はあるのかもしれませんが、それでも、若いころに比べれば、結婚した女性というのは奔放です。
奔放といえば怒られるのかもしれませんが。

で、一度でも性欲が解放されてしまうと、もう一度抑え込むことはなかなかむつかしいみたいで、例えば離婚を経験した女性は、それまでのように「どうしてもしたくなったときにセックスできる相手」がいないわけじゃないですか。
だからどうしても寂しくなって、出会い系サイトを利用してセフレを募集したくなるんですよ。

女性が感じる性欲というものについて、少しだけ書いておくと、当然のことながら、男女の間には性欲の感じ方にも大きな違いはあります。
私と同じように男性の方にはわかってもらえると思うのですが、男性の感じる性欲って割と、いつでもどこでも同じように強く感じるっていうタイプが多いですよね。(もちろん、女性の中にも「ヤリマン」とか言われるそういうタイプが全くいないというわけではないのですが、やっぱり常に強い性欲を感じる人は、女性よりも男性のほうが圧倒的に多いです。

じゃあ女性の場合はどのように性欲を感じるのかというと、男性のように常に強い性欲を感じるというタイプはごく少数はなのですが、性欲を感じる時と感じないときの差があまりにも激しくて、感じるときの強さは、男性が感じる性欲よりもよほど強いのだそうです。
ちなみにこれは医学的にも証明されている事実で、性行為の際にも(男女の体の相性が良ければ)女性が感じている快楽のほうが男性よりはるかに大きいのだそうです。

だからこそ余計に、一度でもセックスの快楽を知ってしまった女性は、その快楽を完全に忘れることができないのです。
きちんと好きになった相手と、満足のできるセックスを経験した女性ほど、余計にそういう傾向が強いのだそうです。
誰でもいいからとにかくセックスがしたいというふうに考える女性はかなり少ないですが、それでも、大事に付き合ってきたパートナーとの関係がうまくいかなくなったとき、ずっと一人でいるのは寂しいからといって、出会い系サイトを利用して新しいパートナーを探したいと考える女性は多いみたいです。
そういう女性は、自分がきちんと相手のことを好きになることさえできれば、セフレという人間関係になっても別に構わないと思っていることが多いのですが、だからこそ、出会い系サイトを利用してセフレを求めている女性は、結婚を経験したことのある女性か、熟女の人妻というパターンが多いのだと思われます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ