もっとオツユを出すんだ

「どーするよ?」と、俺も友達の彼女も朝まで飲む気マンマンだったので、「2人でもうちょっと飲もうか?」って話になって、2件目はちょっとおしゃれな感じのバーへ。肉根は、スム−ズにスベリ込んでいく。そしてブラジャーを押しのけ、こぼれ出た乳首に吸い寄せられるように口付けた。人混みが嫌いなので郊外のホテルに行ってみたらすごいレトロ…お風呂が金色ハート型よ。そんなことが半年ほど続きました。膝付いて自らチンポをしゃぶりだす。「んんっんー」って声が出ないようにしてるから、いくときも「んんーー」っていいながらくずれおちちゃってさ。冷蔵庫からペットボトルのお茶を出し沸かして差し出す。彼に頼まれるから・・。いよいよゆっくり、足の付根に沿って太ももの外や膝、太ももの内側へ・・そしてあそこの周辺を丁寧に・・もう、あそこは濡れすぎるほど、濡れています・・“期待してくれているようです。「しかし、なんで今日はやらねぇーんだ?」と、俺に質問を投げかける先輩に向かって俺は必死に人差し指を口に当てて「シーシー(頼むからいつもやってるみたいな言い方はしないでくれ)」と懇願します。それとも、あたしはフェラチオ上手で、社員のオチンチンを口で絞り出すのが得意なおかげかも知れません。初めのうちは心美の全裸写メを見せるだけだった。それが姉ちゃんは好きな様。「わかった、今度は絶対にウソつかないから。A君、私もイッちゃう」俺は後ろからしっかりと千紘を抱きしめてドビュッと思い切り射精した。また、彼女は哲学的な人で、彼女の言葉に「性交は、本来子孫繁栄のためにあるから、避妊をするのは間違ってます。いくら何でも早過ぎる、と思いつつ、恐る恐る電話を取りました。活性化になればと思い書きこみました親公認で上手い事行っているので数年後にどうにかなればと思いますw彼女は元彼女になりました(メール見らられた。麻美はちょっと声をだしてた。彼女をうつ伏せにして意外と会える!カカオトークと比較した人気出会いアプリ背中からヒップにかけて舌を這わせると、彼女は体を震わせながら「あっ、あっ、あっ…」と声をあげます。もう主人とのセックスではものたりなくなってしまいました。残った時間はおしゃべりだけでいいから」と伝えると「マジで?ラッキー♪」と言いながら肩と首をマッサージしてくれた。そんでギシっと少しベッドが軋み。ってわかってたけど。左手でお尻の穴をなでながら右手で袋をゆったりと揉んでいます。軽い絶頂だったようだ。この状態で由紀に突入したら家族計画崩壊間違いなし。次の駅あたりで、誰かが向かい側に座ったのがわかりましたが、そのまま眠っていました。ユウジ君はブルブル体を震わせながら、「リカ、ごめん、ああああ、出ちゃったよ中で」と言いながらゆっくりアレを抜いて、岩に座りました。じゃあ寝るかとなり「ほんとに好きにしていいの?」「ん、いいよ」と落ち着いて返され、興奮はMAXへ!ベッドに入り、キスをしながら少しずつ服を脱がしました。」豊はひだや膣口、アナルまでていねいに舐めながら、クリトリスを指でくすぐっている。俺のトランクスをいたずらっ子のように笑いながらおろす真衣。
褒めようと思ったのに何故かエロいって言っちゃった時の恥ずかしさね
このエロガキが・・・(1ヶ月でエロ本31冊買った男が人の顔を見るなり突然)さとり
デモンベインはエロゲだけど飛び抜けて好きなのと、アレ別にエロぬいても余裕というかエロシーンかなりギャグだった気が…。陰部を吊り上げるように動かし、男性器との接点部に禎雑な揺れやこすりを与えてしまうのだ。
【定期】セックスあるあるネタ、常時募集中です。『会えるにきまってるじゃん!…この服返さないと。目の前にはガムテでぐるぐる巻きの女が転がっている。正直いって、私は異常者だと思います。」バイトが終わり夕方近くの公園に案内されて・・・・・。寝室に入ると佐織さんは裸になり、そのプロポーションに改めて驚いたが、1回だけの約束が悔やまれた。それでは、また後日。「どうしたの?えっ、粗相しちゃった?」「いえ、高橋さん(本当は職名で呼んだのですが)大丈夫です」「大丈夫って言ったってちょっとおいで」有無を言わさない言葉の圧力に負けて、ついて行くと小さな部屋に入りました。しばらくするとあそこが熱くなってきて感じ始めました。恋人と別れて半年だった。「もう、二度と浮気はしないと約束しなさい。漏らしたのは初めてだよぅ・・恥ずかし・・」「俺ら、相性ばっちりなのかもな」「兄妹だし、お互い変態だからね・・へへ」そう言って、またねっとりとしたディープキスをした。居酒屋を出て近くのカラオケボックスに入りました。彼女のおまんことは違い、毛のまったくない、くっきりと見える縦筋。鳩胸そのもの。ひんやりした指先が竿を伝って亀頭に延びてきた。「痛かったら、もっとオツユを出すんだ。言われた通りに彼女はキャミソールを脱いだ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ